FC2ブログ

♫ノビベビたん♫

はじめまちて♥  ノビベビでちゅ。 ♫よろしくね♫

プロフィール

カレンダー

♫カテゴリ♫

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

12星座ランキングⅡ

developed by 遊ぶブログ

いちごみかんカレンダー時計

2010/01/20 (Wed) 17:42
世界一のご長寿犬。

我が家には、おそらく世界一長生きをしたと思われるワンちゃんがいた。
名前はムクさん。
(白くて長い毛が、毛むくじゃらだったから「ムク」さんjumee☆faceA63

昭和63年6月、巡り巡って我が家に来て以来、平成21年12月まで、実に22年と7ヵ月という長きにわたり、ノビのそばにいてくれた。

ムクさんがまだ生きていた時、ギネスに登録されていた世界一のご長寿犬は21歳だった。
ということは、ムクさんは、その時点で間違いなく世界一だった。
いわゆる血統書付、とかじゃなくて、普通の雑種犬で、出生証明とやらが出せなかったから、ギネスに認定されることはなかったけど。
ムクさんに限らず、証明書はないけど、ほんとはもっと長生きしてるよ‼っていうワンちゃんは、日本にも世界にもいるんじゃないかな?

ムクさんが天国に逝ってしまった今でも、ノビにとっては大切なかけがえのない家族キラキラ
いまだにムクさんのこと思うと涙も出てしまうけれど、ベビにはムクさんのこと、ちゃんとお話しするね。

ムクさんは、拾ったとか、もらったとか、買った、とかではなくて、本当に不思議な縁でノビのところにやってきたの。

ムクさんが生まれた昭和63年。その当時、ノビのママは(ばあばのことね。)おうちで学習塾を開いていたの。で、その塾に通ってきてた女の子が、学校の帰りに通るおうちで子犬が生まれたことを知って、女の子のワンちゃんをもらったんだって。
でも、その女の子のパパとママに、『メスなんて、子供生んじゃうからダメよ。』って言われて。その子、もらった女の子の犬を返しに行って、代わりに男の子のワンちゃんをもらったの。

唯一生まれた男の子。ムクさんjumee☆faceA1

で、『オスに変えてもらったよ‼』っておうちに帰ったら、『そういう意味じゃないでしょ怒うちじゃ犬は飼えないわよ‼』って怒られちゃったんだって。

『女の子はダメなんだって』って言って、代わりにもらってきたのに、また返しに行くなんてできない…jumee☆faceA117 そう言ってその女の子は我が家にムクさんを連れてきたの。
『じゃぁ、お母さんとお父さんがいいって言うまでうちで預かってあげるね』ということになって。結局お許しは出ず、ムクさんは、そのまま我が家で過ごすことになったのよ。

ママは自分でもわけがわからないぐらい、ムクさんのことが好きでjumee☆faceA20ずっーとずっーと、きっとムクさんにとってはしつこい犬怒って感じなくらいお世話をしていたの。
でも、ムクさんは近所でも有名なぐらい脱走が大好きjumee☆faceA109しかも犬のくせに、うちがわからず…脱走したまま自力で帰ってこれない…
道端で困り果てているムクさんを見つけた知り合いの人が、また迷ってたよーっておうちに連れてきてくれることもしばしば。
そんなマヌケなところもママは大好きでしたにこ

ベビがお腹の中にいる時、ママはいつもムクさんに、『もうすぐベビが生まれるから、もう少し待っていてね』って言ってた。そしてベビには『ムクさんが待ってるから、早く出ておいでね』って話しかけてた(笑)

そのころすでにムクさんは寝たきりで、ノビの介護なしでは生きていけない状態でした。お腹が大きくなってからは、多少動きにムリが出てきてはいたけどjumee☆faceA109ベビとムクさんを会わせたくて、ママは毎日がんばったよキラキラ

ベビは出てくるのに少し時間はかかったけれど、入院に時間のかかる手術とかではなく、自然に生まれてくれました。そしてムクさんは、今思えば、最後の力を振り絞って、ベビの誕生を待ってくれました。
ベビとムクさんのおかげで、たった1ヵ月だったけど、ママが夢に見たみんな一緒の生活が叶ったんだよ。
ベビもムクさんも、本当に本当にありがとね絵文字名を入力してください

ベビが2、3時間おきにおっぱいを飲むたび、その後で、ママはムクさんの様子を見に行きました。おうちに帰ってからのママは、ひたすらその繰り返しだったような気がする。ベビが喘息とか、アレルギーとかになってしまわないように、気をつけながら、ムクさんの介護も続けてた。
大変だったけど、全然つらくなかったよ。

大好きなムクさんにこ 大好きなベビにこママはほんとに幸せでした。

ベビが生まれてからちょうど1ヵ月が過ぎた日の、暖かいお昼でした。
ご飯をあげようと、ムクさんのところへ行くと、お日様にあたりながら、まさに眠るように、ムクさんの心臓は静かに止まっていました。
さっきまでスースー寝てたのに…。昨日までちゃんとご飯も食べて、
今朝、お水飲んだのに…。

覚悟はしていた。でもやっぱり耐えられなかった。辛すぎた。
ノビも心臓止まるかと思った。

こんなに長生きして、別れるのつらくして‼ムクさんのバカバカ‼
一瞬思ってすぐ思いなおす。
変なこと言ってごめん…。ムク大好き。本当によくがんばってくれたね。えらかったね。すごいね。ありがとう。ありがとう。
それからすぐ思う。ムクさんは本当に幸せだった?ノビといて幸せだった?ノビはムクさんがしてほしいと思うことをぜんぶしてあげられたかな?ごめんね。ごめんね。

ばあばやママのお姉ちゃんがうちに帰ってきて、ムクさんと本当のお別れをするまで数時間。ママはムクさんにずっと話しかけてたよ。久しぶりの、そして最後の、ママとムクの2人っきりの時間。

ムクさん。 ←ママの大好きなムクさん
(これは20歳の頃の写真。この頃はまだ歩けていたのよ‼
すごいでしょjumee☆faceA1


1ヵ月だけだったけど、みんなが一緒にいれた時間に感謝絵文字名を入力してください
23年間もノビのそばにいてくれたムク、ありがとう絵文字名を入力してください
毎日日々成長してママを喜ばせてくれるベビ、ありがとう絵文字名を入力してください
ノビはほんとに幸せ者。

ママはまだ、ペットを飼うとか、そういう気持ちには当分なれそうもないけど、
いつかベビがもう少し大きくなって、ワンちゃんほしいな、なんて言い出したら、またその時に考えるね。
ベビも動物の命を大切に、犬でもなんでも、こころから愛してあげられるようなやさしい子になってね。

そしてムクさん、今頃思う存分お空を駆け抜けていると思うけど、パパとママ、それからベビのこと、時々思い出して。そして見守っていてねにこ


  ← ランキングに参加中です。
                      よろしくお願いしますアップロードファイル
スポンサーサイト



| ホーム |

 BLOG TOP